company policy 代表ご挨拶・経営理念・社是

代表ご挨拶

自らを変革し、選ばれる菓子卸に… / 代表取締役 広瀬弘幸福

当社は、明治43年(1910年)11月菓子製造業「種清」を創業、後に菓子卸売業となり、お菓子を通じて生活に豊かさと、うるおいを
お届けする事を目的として、当社の社是である三つの宝(良きお得意様、良きメーカー様、良き社員)と共に歩んでまいりました。
おかげで今日、創立100有余年を越える企業としていただけた事を感謝申し上げます。

しかしながら、昨今の我が国経済は人口減少や市場の成熟化などにより、消費者の節約志向が進み、国内需要の更なる伸び悩みが懸念
され、菓子卸売業を取り巻く環境は、これまでに経験したことの無い厳しい状況に置かれています。

そこで当社では、経営理念でもある「お得意先様や仕入先様になくては
ならない会社」となる事を目的として、「独自の調達・販売チャネル」や
「真似ができない専門的なリテールサポート機能」など、自らを変革し
お得意様や仕入先様に選ばれ、「取引をして良かった」と言われるような
菓子卸となるため、第4次中期経営計画において当社独自の菓子卸機能の
装備を目指しております。

種清はいつの時代にあっても「お得意様、仕入先様にとってはなくては
ならない会社」と、ご評価いただけるよう全力を尽くす所存でございます。

今後とも変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

経営理念 当社は菓子・食品の総合卸売業として「お得意様・仕入先様にとってなくてはならない会社」となることにより、営業を通じて社会に貢献する。
社是 1、種清は三つの宝と共に発展する。2、信頼される種清になることを方針とする。3、営業を通じて社会に奉仕する。
※三つの宝とは、良きお得意様、良きメーカー様、良き社員を言います。